やさしい犬たち

2017-11-24(8)

それは 3カ月ほど前のこと。

7月のブログ更新の翌日でした。

突然の腹痛により、入院。

検査の結果、手術することになりました。

悪性の腫瘍を取り除いてもらい、

退院後に再度入院して、

抗がん剤による治療が始まりました。

 

2018-9-8

 

クーク、じゅに、を置いて

初めて家を空ける事になりましたが、

1回目の入院、2回目、3回目と、

いずれも15センチほどの歩幅でしか

歩けない私が退院した時に、

やさしく迎えてくれた犬たち、

そして猫。

満面の笑みを浮かべながら、お尻を丸め、

お尻を丸め、魚のようにクネクネと、

クルクルと私の前で回るクークとじゅに。

どれだけはしゃいでも、

私に触れる事はありません。

1才半でやんちゃ盛りのじゅにでさえ、です。

一通り「おかえりなさい」の踊りが

終わったあとは、私の横に「つけ」をした

クークとじゅに。

その時にも、私から

1センチほどの間をあけて立っていました。

 

2018-9-14

 

「日常」に戻れるのは

まだ先になりそうですが、

家族、友人、その犬たち、

そして先生がた、看護婦さん、

薬剤師さん、スタッフの方々、

木や草花からも、

元気と優しさを分けてもらいながら

毎日を過ごしています。

 

 
にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへぽちっ!としていただけたらすごーく嬉しいです。

 

 

 

留守番中のワンコがどうしているのか
覗いてみたいと思いませんか?

ギュッと縛れば、鼻を近付けても臭いません
片手に余るうんちはMかLサイズがいいです